ニュース

 

2012年08月31日

第1節の見所 〜 京都大学vs龍谷大学


京都大学 vs 龍谷大学

9月1日 西京極陸上競技場 兼 球技場 17時  キックオフ

>>京都大学 GANGSTERS
京都大は、昨年のリーグ最終節で3強の一角である関西大を下すも、順位は4位。今年は3強を上回り、16年ぶりの日本一を目指す。伝統的にディフェンスが強みの京都大は、今年も西川、嚴、森田らLBが充実している。積極的に動き、攻める守りが特長だ。一方、オフェンスのキーマンは3年生のQB小原。昨年、けがでリーグ戦の大半を欠場した当時4年生の今村の穴を埋める活躍を見せた。NEW ERA BOWLにも出場し技量も磨いた今年は、さらなる活躍が期待される。その小原とホットラインを結ぶのがWR上廣だ。息の合ったプレーでパスオフェンスを展開する。RBもエース髙木に加え、成長著しい岡部、当たり強い田嶋と活躍が楽しみな選手が多い。関西学生大会では立命館大に敗れたものの、立命館大の米倉ヘッドコーチが「京大は強い」ともらしたように、古豪復活の兆しは見えている。主将の嚴も「日本一のみを目指していく」と力強く宣言した。

>>龍谷大学 SEAHORSE
昨年Div.1に昇格し、5位と躍進した龍谷大。総獲得ヤードでは3位につけるなど、オフェンスが自慢のチームだ。QB上西は昨年も出場し経験は豊富。エースWR堀は今年も健在、キックプレーでもチームを支える。ランオフェンスでは、昨年のエースRB奥田の抜けた穴をどう埋めるかが重要になる。パートリーダーを務める吉田に注目したい。春を総括し村田ヘッドコーチは「オフェンスは相手に気後れせずにできていた」と評価した一方、「反則を減らすなど、意識改革が必要」と課題も口にした。リーグ戦での具体的な順位の目標はあえて設けない。主将のOL山崎は「リーグのどこかで達成が無理になってしまうと、それだけで士気が下がってしまう」と長丁場のリーグ戦を見据える。「一戦必勝を目標に、相手チーム関係なしに勝っていく」と意気込みを語った。

(UNN関西学生報道連盟 石橋雄大)


ページの先頭に戻る
займ на карту круглосуточно