ニュース

 

2012年08月31日

第1節の見所 〜 神戸大学vs関西大学


神戸大学 vs 関西大学

9月1日 王子スタジアム 17時  キックオフ

>>関西大学 KAISERS
昨年はリーグ終盤に3連敗を喫し、3位に終わった関西大。悔しい幕切れだっただけに、今季にかける想いは熱い。関西大を代表する選手といえばRB前田だ。1年時からスターターに名を連ね、U-19世界選抜チームにも選出されるなどその実力は折り紙つき。春にはプレーの幅を広げるため、QBとしても出場。不慣れなポジションにも「特に困惑はしなかった」と持ち前のセンスを発揮した。板井ヘッドコーチも「ポテンシャルがすごい。将来は日本を飛び出して、海外で活躍する存在になってほしい」と前田に大きな期待を寄せる。自慢の脚力を生かしたランプレーで今季も関西大オフェンスを引っ張る。実力者は前田だけではない。1年生ながらスターターとしての起用が予想されるQB岸村、経験も充分のWR髙﨑、長島、体格を生かしたプレーで相手オフェンスを阻むDL清家など、攻守ともにタレント揃いだ。チームスローガンに掲げた「覚悟」を抱き、必勝態勢で初戦に臨む。

>> 神戸大学 RAVENS
神戸大は春の関西学生大会で立命館大に勝利。タックルを受けても簡単には崩れないRB、ライン戦で引けを取らないDLなどフィジカル強化の成果が出たようだ。秋のリーグ戦では春の収穫をもとに、上位を目指していく。戦力に目を移すと、オフェンスの顔ぶれは昨年とほぼ同じ。経験がある分、昨年以上の得点力が期待される。オフェンスを率いるのは2年時からスターターを務めてきたQB林。林は「完璧な形で相手を圧倒したい」とリーグ戦への意気込みを語った。集大成のシーズンとして、最高のパフォーマンスを求められる。RB羽星にも注目したい。昨年、けがでリーグ中盤から欠場した悔しさをばねに、今季はフィールドを駆け巡る。ディフェンスはDL白石、都間の4年生コンビが支える。関西大戦では、前田を筆頭とするRBに走路を許さないようにしたい。主将の白石は「初戦の関西大戦を目標にやって来ている。勝って勢いに乗りたい」と闘志を燃やしている。

(UNN関西学生報道連盟 石橋雄大)


ページの先頭に戻る
займ на карту круглосуточно