ニュース

 

2012年10月11日

今週末(Div1)ゲームイベント情報 (ストップ!NO卒中ウィーク)

今週末のゲーム会場(Div1)は”ストップ!NO卒中ウィーク”と題して、日本脳卒中協会とファイザー様にご来場頂き、啓発イベントを行います。
また、13日はホールドバケット、14日には近畿大学よさこい連洗心がハーフタイムなどに登場。フィールド全体を使った圧巻のパフォーマンスをお楽しみ下さい!

 

ストップ!NO卒中ウィーク


脳卒中は、約137万人の患者が存在し、日本人の死因の第3位で、年間12.8万人が死亡している重篤な疾患です。たとえ一命を取りとめても後遺症や再発の危険性に悩む患者・家族も多いため、発症しないよう予防を心がけた生活を送ることが脳卒中においては最も重要です。しかし、日本脳卒中協会が2006年に5,542人を対象に行った意識調査の結果、脳卒中発症の危険因子(疾患)を正しく理解している人は4割に満たないことが明らかになり、脳卒中への意識がまだ不十分であることが分かりました。

日本脳卒中協会とファイザーは、そうした背景を受け、より多くの方々に脳卒中に関する正しい知識を伝え、脳卒中予防の重要性を理解していただくため、一般の市民の方々向けの脳卒中予防啓発イベントを行います。今週末の10月13日、14日の両日、EXPO FLASH FIELD(大阪)で関西学生アメリカンフットボールDivision.1の公式試合会場において脳卒中啓発イベント、血圧測定、肺年齢測定、医師の相談コーナーを設置させていただき、脳卒中予防の重要性を来場したアメフトファンに呼びかけます。

是非、ご来場頂き、各種測定を受けて頂ければ幸いです。

14日パフォーマンス予定:近畿大学よさこい連洗心

近畿大学よさこい連洗心は「楽しませる前に楽しむ、感動させる前に感動する。」をコンセプトに日々活動している。今年で四代目となり、北は北海道、南は高知県まで幅広い範囲で活躍中。演舞をみてひとりでも感動していただけるように日々、練習を重ねている。
 

 


ページの先頭に戻る
займ на карту круглосуточно