ニュース

 

2012年10月23日

クローズアップDiv1ウィークエンド〜立命館vs関西大(10月28日キンチョウスタジアム)

クローズアップDiv1ウィークエンド〜立命館vs関西大(10月28日キンチョウスタジアム)

立命館

試合を重ねるごとにチーム全体の安定性が増してきた。オフェンス、ディフェンスの両面で勢いを作り、攻守のバランスが整ってきたようだ。「投げれば投げるほど自信が付いてきた」と話すQB荒木。これまでRB井上のランプレーでゲインを奪う場面が多く見られたが、神戸大戦ではパスプレーの精度が著しく、パスでの獲得ヤードを増やした。チームの司令塔であるQB荒木と秀逸した嗅覚を持つWR宜本、頓花の息が完全に合えば、こわいものはない。ディフェンス陣も要所をしっかりと抑える力と相手のミスを誘うプレッシャーが一層に増した。次の関大戦に向けて、米倉ヘッドコーチは「これまでの得点は関係ない。ここからは努力を惜しまない方が勝つ」と選手を鼓舞する一方で、QB荒木は「去年よりも関大は強い。だから去年よりも強くならなければならない」と気合いをうかがわせる。ヘッドコーチ、司令塔と共に目指すところはもちろん『勝利』である。これから対戦するまでの2週間をどれほど追い込めるかが勝敗を分ける結果となることは十分に承知している。

関西大

近大戦で負傷したQB前田の戦線離脱により、オフェンスの勢いが低下するかと思われた同志社戦。一年生QB岸村から繰り広げられる攻撃は早い展開と正確性をみせ、同志社の獲得ヤードの2倍を記録し、勝利を収めた。WR髙崎はひとつのキャッチで状況を打破するプレーができ、OL抱はパスプロテクションの要。チームを引っ張るDB砂川は相手オフェンスへの素早い反応はさすが主将といったところ。恵まれた関大の選手層は立命に十分匹敵する。その立命戦に向けて、板井ヘッドコーチは「レギュラーがどれだけ立命にくらいつけるかが楽しみ」と享楽的に受け止めつつ、「最後までもつれる試合をしたい」と接戦勝利を念頭に置いている。日本一への道中、最初に乗り越えなければならない大きな一山はまさにこの試合であろう。立命に勝って波に乗り、日本一という夢にぐっと近づきたい。

UNN/ 佐野翔(立命・2年)


ページの先頭に戻る
займ на карту круглосуточно