ニュース

 

2019年08月29日

2019関西学生アメリカンフットボールリーグ<運営規定>

関西学生アメリカンフットボールリーグ
2019運営規定

■名称:関西学生アメリカンフットボールリーグ
   (フラッシュボウルシリーズ・イン・オータム)
■主催:関西学生アメリカンフットボール連盟
■協賛:株式会社オプテージ

■競技規則:
 日本アメリカンフットボール協会で制定、発行したアメリカンフットボール公式規則・公式規則解説書による。
■試合時間
 Div.1 1Q=12分 HT=15分
 Div.2 1Q=12分 HT=15分
 Div.3 1Q=12分 HT=15分
 Div.4 1Q=10分 HT=15分
 少人数11人制 1Q=8分 HT=15分
 ※尚、他に細則により定める場合がある。
■順位(順列)
 1.リーグ戦の順位は勝ち点により決定する。
   勝ち点は試合勝者に3点、引き分けたチームにはそれぞれ1点を与える。
 2.勝ち点が同点の場合の順列決定は以下の通りとする。
  (1)当該校同士の勝ち点が多い方を上位とする。
  (2)当該校同士の勝ち点同点の場合、抽選で順列を決定する。
■入替戦
 1.リーグ戦の順位(順列)が決定後、各Div.間で入替戦を行う。
   その勝敗決定には公式規則等のタイブレイク・システムを使用する。
   試合時間は、下位Div.のリーグ戦と同様とする。
 2.Div.Ⅰ、Ⅱ間の入替戦は下記の通り行う。
  (1)Div.Ⅰは、7位および8位が出場する。
  (2)Div.Ⅱは、1位および2位が出場する。
  (3)組み合わせは、
   ・Div.Ⅰ7位―Div.Ⅱ2位とし、勝者は翌年度Div.Ⅰの7位とする。
   ・Div.Ⅰ8位―Div.Ⅱ1位とし、勝者は翌年度Div.Ⅰの8位とする。
 3.Div.Ⅱ、Ⅲ間の入替戦は下記の通り行う。
  (1)Div.Ⅱは、6位および7位および8位が出場する。
  (2)Div.Ⅲは、下記のチームが出場する。
   ・AおよびBブロックの各1位が出場する。
    両校が対戦し、順列(勝者=Div.Ⅲ①、敗者=Div.Ⅲ②)を決定する。
   ・AおよびBブロックの2位同士が出場決定戦を行い、その勝者(=Div.Ⅲ③)が出場する。
  (3)組み合わせは、
   ・Div.Ⅱ-6位―Div.Ⅲ③とし、勝者は翌年度Div.Ⅱ-6位となる。
   ・Div.Ⅱ-7位―Div.Ⅲ②とし、勝者は翌年度Div.Ⅱ-7位となる。
   ・Div.Ⅱ-8位―Div.Ⅲ①とし、勝者は翌年度Div.Ⅱ-8位となる。
 4.Div.Ⅲ、Ⅳ間の入替戦は下記の通り行う。
  (1)試合数は、
   ・Div.Ⅳの選手数20名以上のチーム数が11校以上の場合、4試合行う。
   ・Div.Ⅳの選手数20名以上のチーム数が10校以下の場合、3試合行う。
   ※2019年度は、Div.Ⅳの選手数20名以上のチーム数が10校のため、入替戦は3試合行う。
  (2)Div.Ⅲは、下記のチームが出場する。(2019年度)
   ・AおよびBブロックの各6位が出場する。
    両校の勝ち点により、順列(Div.Ⅲ⑪、Div.Ⅲ⑫)を決定する。勝ち点が同点の場合は、抽選により決定する。
   ・AおよびBブロックの各5位で、勝ち点が少ないチーム(Div.Ⅲ⑩)が出場する。勝ち点が同点の場合には、
    抽選により出場校を決定する。
  (3)Div.Ⅳは、下記のチームが出場する。(2019年度)
   ・AおよびBブロックの各1位が出場する。
    両校の勝ち点により、順列(Div.Ⅳ①、Div.Ⅳ②)を決定する。勝ち点が同点の場合は、抽選により決定する。
   ・AおよびBブロックの各2位で、勝ち点が多いチーム(Div.Ⅳ③)が出場する。勝ち点が同点の場合には、
    抽選により出場校を決定する。
  (4)組み合わせは、
   ・Div.Ⅲ⑩―Div.Ⅳ③とし、勝者は翌年度Div.Ⅲとなる。
   ・Div.Ⅲ⑪―Div.Ⅳ②とし、勝者は翌年度Div.Ⅲとなる。
   ・Div.Ⅲ⑫―Div.Ⅳ①とし、勝者は翌年度Div.Ⅲとなる。
■ボウルゲーム
・全日本大学アメリカンフットボール選手権(トーナメント)に出場する関西学生代表は、Div.Ⅰの1位校および2位校および3位校とする。
※全日本大学アメリカンフットボール選手権・西日本代表校決定戦の勝者は、西日本代表校として、毎日甲子園ボウルに出場し、東日本代表校と対戦する。


関西学生アメフト スマートチケット
ページの先頭に戻る
займ на карту круглосуточно